あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

皮膚科でフォトフェイシャルができない人

中にはフォトフェイシャルが皮膚科でできない人がいるといいます。

顔に気になるシミができた場合、皮膚科などで行うレーザーで薄くする方法はかなり前からありました。

フォトフェイシャルは少し違ったアプローチ方法になります。

レーザー治療の場合に起こりうるのは、治療後に強い赤みが残ったり、色素沈着してしまうことです。

皮膚科の医師など専門医によって行われたフォトフェイシャルは安全です。

シミやシワを顔に痕が残る心配もほとんどなく薄くしたり、ニキビ痕が気にある場合も解消できるでしょう。

これにより解決できるのがさまざまな肌の悩みなのです。

ふつうフォトフェイシャルは、よくレーザー治療であるように、かさぶたができたり、赤く腫れる事はまず無いといえます。

皮膚のトラブルも、施術によるものは比較的少ないようです。

シミが強く反応して黒ずんだり、内出血が強く反応した毛細血管からわずかに出ることがまれにあるようです。

もちろんそういった際にも皮膚科などで行っていれば適切に対応し、数日で消失するので心配は不要です。

おすすめなのは、事前にフォトフェイシャルを受けるに当たって気になる事がある場合は、専門医によるカウンセリングをしっかりと受けておくということです。

フォトフェイシャルを受けることができないのは、妊娠中の人や1ヶ月以前に激しい日焼けをした人だそうです。

肌の状態が良く無い場合には皮膚科の専門医に判断してもらうようにしましょう。

皮膚科などでフォトフェイシャルを受ける前に、糖尿病の人やケロイドになりやすい人もよく相談しておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事