あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ケミカルピーリングの効果と注意点

ケミカルピーリングを使う時は何に気をつけるべきでしょう。

家庭用のケミカルピーリングは、エステで行うケミカルピーリングと比較してみると、成分が弱い分効果も弱い点があります。

たっぷりとした泡を作ったら顔につけ、間をおかずにぬるま水ですすぐのが定番の洗顔方法です。

一方、ケミカルピーリングでは、皮膚に泡をつけて一定時間待ち、それから洗い流します。

ピーリング効果が表れると皮膚がチリチリしはじめるので、頃合いを見計らってたっぷりの水で十分に洗い流します。

ピーリング効果がある成分はフルーツ酸などですが、どのくらい含まれているかは個々の商品によって違います。

ケミカルピーリング効果は、分量によっても差があります。

一般的には1%~5%が配合されていますが、初めてピーリング石鹸を使用するときはできるだけ弱めのものからはじめた方がいいでしょう。

一般的な石けん以上に、肌との親和性次第でケミカルピーリング石けんの洗浄効果は差があるようです。

成分も強いのでもし肌に異常が出るようであれば、フルーツ酸の配合されていない普通の洗顔料や石鹸に変えましょう。

また、ケミカルピーリング石けんは目や口の周囲には使わないようにしてください。

特に目はデリケートな皮膚なので、ケミカルピーリングに負けてしまうかもしれません。

ケミカルピーリング後は、肌が乾燥しているので化粧水などでしっかりと保湿することも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事