あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

住宅ローンアドバイザーに相談する前に

これから5年先、10年先のことを想定した上で、住宅ローンのアドバイザーから助言を受けに行くといいでしょう。

教育費にどのくらいかけるかは、家計にとって重要な問題です。

中学生の時点で試験を受けて私立の高校に行くのか、国公立の大学に進学するのか、大学院まで行くのかによっても教育費用は異なります。

家計の支出内容をふまえて、住宅ローンアドバイザーは、適切な住宅ローンの提案を行います。

相談をする時に適切に情報が出せるように、最初からまとめておくといいでしょう。

現物と購入金額によって、住宅ローンの選び方が変わることもあります。

どんな家屋や土地を購入したかでも、住宅ローンアドバイザーの判断は変わります。

戸建ての家なのか、マンションなのかでも、住宅ローンの適切な利用方法は変わります。

中古物件なのか新築を希望するのか決めておき、出来れば物件も絞った時点で相談する事をおすすめします。

これを買う、と決めた上で住宅ローンアドバイザーに話を聞くと、より詳細なプランを立ててもらえることができるでしょう。

家を買う時は、ローンの借り換えによる負担軽減の見通しや、今後の資産価値の変動と売却する場合の手続きなどもチェックしましょう。

今後の可能性や、住宅の購入やローン返済に対するプランがある程度決まっている方が、住宅ローンアドバイザーから助言を受けやすいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事