あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

住宅ローンアドバイザーが必要になる理由

住宅ローンアドバイザーが必要になる理由について。

住宅ローンを取り扱っている不動産会社や金融会社に説明を求めることは可能ですが、そういった場合、特定の住宅ローン商品のセールスという意味合いも含みます。

そのため、顧客が必要としている住宅ローンを教えて欲しいというニーズには応えられていないのです。

国土交通省と財務省の主管がった住宅金融公庫は、2007年に廃止になりました。

民間企業が住宅ローン融資をするようになると、どうしても商品の売り込みが多く行われがちです。

公平な立場の住宅ローンアドバイザーが求められるようになっています。

ニュートラルな立場から住宅ローンアドバイザーとして説明ができるよう、住宅普及協会は住宅ローンアドバイザーの認可を行っているわけです。

住宅金融普及協会が行っている講座を受け、住宅ローンアドバイザーとして登録されます。

住宅ローンを融資は、借入金に応じて低金利で融資を受けられることがあります。

住宅ローンの内容も、変動金利や固定金利が複雑に組み上がっている場合もあります。

住宅ローンの金利、返済、条件など様々な点について専門的な知識を持っているのが住宅ローンアドバイザーです。

広く住宅ローンに関する話を聞くことがてるきるでしょう。

住宅取得希望者のライフプランに合った、適切な住宅ローン商品を提案してくれるでしょう。

住宅ローンアドバイザーに判断を任せきりにするのではなく、ローンを利用する人自身が住宅ローンについて知識を仕入れておくことが、決断を自身で下す際の判断根拠となってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事