あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシングでの融資と不用なカード

キャッシングはとても便利な金融サービスです。

融資の手続きをしておくことで、好きな時にお金が借りられます。

審査を通過しなければ融資は受けられませんが、審査の基準が難しくなっているようです。

審査の内容や基準はキャッシング会社によって異なります。

会社はそれぞれ審査をするための部署を持っています。

キャッシング会社は、申し込み者の他社借入件数が幾つかや、過去の返済実績などを調査します。

申込者の勤め先や収入面などの確認も行われるのが一般的とされています。

審査基準の中で他のキャッシングの融資の利用についても重要となります。

キャッシング会社によっては、クレジットカードを持っている枚数も確認されてます。

引き出しに死蔵しているようなクレジットカードでも、持っていることでキャッシング審査に影響が出ることがあります。

キャッシングの審査では、クレジットカードを用いたローン利用をしたことがあるか、返済は滞りなく行っているかといった点も信用力の判断要素になります。

作っただけで全く使っていないクレジットカードがあるという人は、住宅ローンを利用する前などに確認するといいでしょう。

年間収入の3分の1を超えた返済にならないようにすることが2010年6月の法律で定められ、借り入れが以前より困難になりました。

法律が見直されたことで、新規のキャッシング融資が受けづらくなっているようです。

キャッシングの審査に通りやすくするには、手持ちのクレジットカード枚数や返済中のローンを調べ、どんな状況かをまずは知ることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事