あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

栄養補助剤の効果

一般的にどのようなものが、栄養補助剤としてよく使われいるのでしょうか。

最近多く出ているのは、ビタミンやミネラル、鉄分などを強化することを目的とした栄養補助剤のようです。

活性酸素というしわやしみの元といわれるものを抑制してくれる抗酸化作用や免疫力強化、抗ガン作用、疲労回復さようなどさまざまな効果があるのが、ビタミンです。

カルシウム、鉄分、亜鉛、マグネシウム、リン、ナトリウムなどの種類が、ミネラルにはあります。

体には必要不可欠な栄養成分でもあり、生理機能の維持や調節など、ミネラル成分が助け合って機能しているそうです。

一つの栄養素だけのものもあるのが、栄養補助剤です。

マルチビタミンタイプのような、ビタミンAとCなど、すべてのビタミンが入ったものが注目されています。

マグネシウムや鉄分、亜鉛などの強化を目的とした栄養補助剤など、栄養補助剤はさまざまなタイプのものが商品化されています。

栄養補助剤を選ぶ場合に重要なのは、自分の体の状態や食生活を良く考えて選択をすることです。

万が一なかなか選べないようでしたら、専門の人に相談してみても良いかもしれません。

栄養補助剤は薬とは異なり、病気が治ったり、利用するとすぐに変化が分るような即効性は期待できません。

免疫力や治癒力を、体に不足している栄養素をうまく摂取する事によって向上できるという事は、体内から健康にしてくれる働きがあるということです。

劇的な変化は、栄養補助剤を1~2週間飲んだくらいでは出ないといえます。

最低でも2ヶ月は飲み続ける気持ちで、気長に栄養補助剤を利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事