あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

紫外線と日焼け対策とシミ

どのような悪影響が、紫外線によって日焼けをすると肌にあるのかご説明します。

紫外線をあびて日焼けをすると、肌をメラニンという色素が茶色くして肌を紫外線から保護しようとします。

ターンオーバーという28日ごとの肌の生まれ変わりの時に、剥がれ落ちていくのがメラニンです。

年齢を重ねていくごとに新陳代謝が悪くなったり、他の理由によってうまく剥がれ落ちなかったメラニンがシミとして残ってしまうのです。

日焼けは皮膚細胞に紫外線が攻撃することによって老化して、シミだけではなく癌などの要因になることもあります。

一般的に日本人の肌は、白人よりも皮膚がんなどになりにくいそうですが、最近は皮膚がんにかかる人が増えていますので注意が必要です。

しわの原因にもなるといわれているのが、紫外線です。

エラスチンと呼ばれる弾力腺維や、真皮層にあるコラーゲンが日焼けすることによって傷ついてしまいます。

皮膚はコラーゲンとエラスチンによって弾力と張りをキープしています。

しわになってしまうのは、それらが傷つくからです。

過度に紫外線を浴びて日焼けする事は、肌にはけっして良い事ではないのです。

しっかりと日差しが夏ほど強くない季節も紫外線対策をして日焼けをしないようにしなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事