あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

クレジットのブラックリスト

クレジットのブラックリストについてです。

ブラックカードといえば最上位クラスのクレジットカードですが、それとは別に、要注意を意味するブラックリストというものも存在します。

ブラックのクレジットカードが素晴らしいものを指しているのに対し、ブラックリストは注意が必要なものを指します。

これまで、クレジットカードの返済で問題を起こしていたり、債務整理や自己破産をした人をチェックしたものです。

一般的に想像されるような、名前のずらずら書いてあるものではないようです。

クレジットカード会社は、新たな顧客に対しては審査を行ってカードを作るかどうか決めます。

カード会社は信用情報会社にその人について問い合わせることで、過去の返済履歴やキャッシングをどれだけしているかチェックします。

クレジット会社同士は、信用情報会社を通じて顧客の利用情報を調べることができる状況を作っているため、一社の返済が遅れると、別の会社にもそれが知られてしまいます。

この情報において要注意の人物と見なされ、審査に通らない人がブラックリスト入りした人ということになります。

基本的には5年くらい、返済時に問題があった人物として情報が記録されつづけることになります。

7年~10年を待たなければ、破産をした人はクレジットカードを発行してもらうことができません。

クレジットカードやキャッシングを使う時は返済プランをしっかり立てて使いましょう。

1回でもブラックリストに載ると、失った信用の回復に長い時間がかかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事