あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

カードでのキャッシング

クレジットカードを作る時には信用力の審査が済んでいますので、その結果に基づいてキャッシングカードとして使えるようになっています。

手続きの面も含めて、いわばいざという時の保険としてキャッシング金額を設定しておくこともとても有効な方法でしょう。

クレジットカードの、キャッシング枠とショッピング枠は、互いに関わりがあります。

どんな条件になっているかについては、カード会社から届く月々の利用明細書に書いてあります。

カードの利用可能枠が20万円、内キャッシングでの限度額が10万円として設定してある場合、10万円まではキャッシングをすることができます。

ただし、クレジットカードでの決済を、15万円まで使ったとなると、条件は変わります。

キャッシングあるいはショッピングに5万円が使えるということになります。

逆にすでに10万円分、キャッシングをしてしまっている場合があります。

この時点でキャッシングの残りの枠はなく、ショッピングは10万円まで可能ということになります。

クレジットカードの設定金額20万円より多くなることはないことは覚えておきましょう。

カードごとに利用できる限度額は、各人の収入や勤続年数、カード会社によっても違っています。

手元のクレジットカードでいくらまでキャッシングが可能かチェックしておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事