あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ローンの一本化しない方がよい場合

ローンの一本化は利点が色々ありますが、一本化することで返済が有利になる時とそれ以外の時とがあります。

一本化を検討する場合は、それによって返済が本当に有利になるかどうかを判断することがポイントです。

借金することが慢性化してしまっていてローンを完済する意志が弱い方には向いていません。

ローンを一本化することには様々なメリットがあります。

これまで借りたお金を、おまとめローンや低金利融資で一本化できたとしても、それ以後も新たなローンをするような方には一本化自体が不向きです。

数社のローンを一社にまとめた時に、人によっては勘違いをしてしまいます。

一本化によって、借入金が少なくなったと思いこんでしまうというものです。

ローンの一本化をすることで、融資金の返し方が変わるというものです。

一本化することで、返さなければならないお金が消滅するわけではありません。

一本化することで安い金利のローンに借り換えれば利息が少なくなることはありますが、元本は減らず、むしろ増えることが多いようです。

一本化に取り組む時は、以後新たなローン融資は組まないこと、必ず全額返済することという2点がポイントです。

ローンの借入件数が増えて月々の返済に苦しい時にローンを一本化することは有効な方策ですが、高額融資を受けるリスクも負っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事