あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

利率0%のキャッシング

キャッシングには、利率がつかないものもあります。

この頃、大きくアピールされているキャッシング商品に、利率0の融資が存在します。

普通はお金を借りると利子がつきますが、このキャッシングでは条件に合致していれば利子がつきません。

たとえば30日間、利率0%と明言しているキャッシング会社からお金を10万円キャッシングしたとします。

所定の30日以内返済ができれば、無利息という取り決めに従って返済総額は10万円ちょうどです。

この場合、貸付を行った会社の立場からすれば、顧客に金銭を融資したに関わらず儲けが出ていなません。

利息の発生しない融資を行うことで、キャッシング会社はメリットがあるのでしょうか。

利率0%で融資を行う狙いは、その場では利益が上がらずとも、とにかく利用者を増やしていずれは利息のつく融資を利用してもらうことを期待しています。

銀行系やカード会社と比べ、消費者金融系の会社は過去のイメージから新規の顧客がなかなか付かないものです。

また、銀行系や信販系のキャッシングカードは買い物にも使えるものもありますが、消費者金融系はそういった点での利便性がないという弱点も抱えています。

一定条件内での貸し付けで得られる儲けを諦める代わり、利率0%に魅力を感じた客がまずキャッシングの申込みをしてカードを作ってくれるということを期待しての窮余の一策です。

利率0%といってっもキャッシング会社それぞれ、こまかい条件は違っています。

キャッシング2回目以降はしっかり利率が設定されていることが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事