あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

クレジットで税金をうけとる側のメリット

クレジットカードで税金が払えて便利になるのは納税者だけでなく、国や自治体にとってもいい話となります。

現在より手軽に税金を納めることができるようになれば、税金を払う人が増えて納税率がアップすることが期待できるでしょう。

督促や延滞にかかわる手続きなど、職員の仕事の削減にもつながり効率的に税金を徴収することができます。

現時点でも、税金は何回かに分けての納付が可能です。

クレジットカード払いにすることで職員が携わってきた分割払いの管理事務手続きなども軽減することができます。

手数料をどのように負担するかが、税金をクレジットカード払いにする上での問題です。

国や地方自治体が負担するのか、納税者に負担してもらうのか意見が分かれるところです。

人権やプライバシーについても、税金を扱う以上はクリアしなければなりません。

そう簡単にクレジットカードで税金が払えるシステムが作れない事情が、見えない部分にあることもあります。

クレジットカードでの税金払いを推奨しているのが韓国です。

景気の底上げの一策として行われています。

納税はもちろんのこと、クレジットカードの使用金額に応じて課税所得を控除したり、クレジットカードの利用控えの番号で宝くじサービスもあるようです。

クレジットカードで税金が払えるだけでなく、各種公共料金の支払いなども日本でも次々とできるようになっているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事