あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

便利になった求人募集の方法

リクナビという求人情報サイトを、求人情報誌を発行していたリクルート社が運営しているようです。

登録された求人情報をインターネットで検索できるハローワークインターネットサービスを、ハローワークでは受けることができます。

求人募集の登録を受け付けた情報に加え、各企業の自社サイトに掲載された求人募集情報をロボットで集める検索エンジン型の無料求人募集サイトもインターネットの中に見ることができます。

大量の求人募集データベースを保有しているところもあり、求人募集の情報は100万件、30万件などにのぼります。

求人募集情報サイトの中には最近、専門的なライターやデザイナーなどのスキルを持っている人専用のところもあります。

さまざまな便利な機能が、求人情報サイトには備わっているようです。

最近多いのが、機能として求人募集要項や案件を閲覧できるだけではなく、自分がどのような能力を持っているのかを説明した情報を登録するものを持っている求人サイトです。

最近は求職者側も自己PRなどの情報を発信できるようになっており、企業側が求人情報を発信するだけに限らないのです。

一方通行の情報伝達だったのが、従来の求人広告です。

インターネットが広まったことにより、双方の情報を求人企業と求職者がそれぞれの情報を発信することで確認できる便利な仕組みができました。

相互に情報を発信しているのが、求人募集をしている企業や団体と求職活動をしている人だということになります。

相互の情報発信での求人を可能にしたのは、インターネットの普及です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事