あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

クレジット販売と手数料のはじまり

クレジットカードには手数料がつきものですが、それはカード会社の利益分です。

クレジットカード会社の売り上げは、カード利用者と加盟店の増加が関わっています。

クレジットカードを用いて行われた決済額の3%~7%が、手数料としてクレジットカード会社に加盟店から支払われる金額になります。

具体的な数字をあげると、クレジットカードによる売上が10万円ならば3000円から7000円、100万円ならば3万円から7万円が売上手数料となるわけです。

より多くの人にクレジットカードを持ってもらうため、年会費0やポイント特典、各種の優待サービスなど、クレジットカード会社同士の競争も激化しています。

今では一般的になったクレジットカードです。

クレジットカードの日本での始まりは、明治28年に呉服屋丸善が行った月々の掛け売りシステムであるとされているようです。

この当時は、クレジットカード会社はまだ存在していませんでした。

ただし、ここでの売り方は江戸期の掛け売りのようなもので、手数料もありませんでした。

チケットとクーポンによる販売スタイルができて、クレジット販売に近い形ができました。

商品の決済金額を一時的に立て替え、その代わりに手数料を受け取る専門店を地域の店で集まって作ったのです。

現時点で利用されているクレジットカードや手数料と同じような形になったのは、今から60年前の昭和24年頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事