あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

新卒の採用が少ない理由

何年か前から、新卒者の採用が少なくなっており、働く先が見つからないといいます。

経済状態が良くないことが採用率の低下の一因だと言われていますが、実際問題、他にも理由はあります。

かつては終身雇用が一般的でしたが、最近は派遣や臨時雇用も増加しています。

正社員を減らす企業が増えたことが、新卒者の採用が決まりにくくなった背景にあります。

今までは工場などの製造業でも新卒者での正規雇用がとても多かったようです。

正社員を雇う代わりに、より低賃金の派遣雇用で働いてもらうことで製造コストを下げる企業が増加したことが、正社員を減らしています。

他国に会社機能の一部を移転し、製造コストの低下をはかる企業が増えたことで、正社員の求人が減っているともいいます。

企業は利益を出すために、とにかく人件費が掛からない様、コスト削減に努めています。

新卒者を採用しても即戦力にならず、掛かった人件費分だけの仕事をするようになるまで時間がかかります。

新卒者の採用を控える理由になっていると考えられます。

技術の進歩に伴い、数々の最近機器やコンピューター類の登場によって、人手が必要ではなくなった点も指摘されています。

団塊の世代が続々と退職しているにも関わらず、実際は新卒者の採用数は少ないまま、企業はどんどん仕事の効率化を図っているというのが現状のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事