あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

コンビニとクレジットカード

少し前まで、公共料金の支払いや交通チケットの購入はなかなか大変でしたが、最近ではクレジットカード払いやコンビニ払いで手軽にできるようになりました。

以前主流だった銀行払いでは、窓口時間のうちに行くのが働いている人には大変だったり、近所に銀行がないということもあったようです。

コンビニ払いのいいところは様々な場所にあることや、自分の都合のいい時間に行けるところです。

クレジットカードの場合でも、自動引き落としにしたり、便利な機能がたくさんあります。

月々発生する金額や商品代金の決済などでコンビニやクレジットカードが使いやすくなっていますが、どちらのやり方が使い安いでしょうか。

コンビニは、24時間いつでも受け付けているというメリットがあります。

クレジットカードの決済は翌月か翌々月なので、その場でお金の持ち合わせがなくても、また給料日までお金がなくても、その場で商品を受け取ることができます。

クレジットカードで支払った場合には、カードの利用額に応じてポイントがつきます。

少しずつ貯めたポイントを、金券やマイルにしてお得に活用することもできます。

公共料金や電話料金などは一定額が必ず引き落とされますので、カード払いにしておけばポイントもどんどん貯まります。

最近は、コンビニの発行するクレジットカードで、コンビニとクレジットカードの両方の良さを活用しているという人もいます。

クレジットカードをコンビニのもので持てば、コンビニに足を運ぶ機会の多い人なら便利に使えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事