あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

迷惑をかけない円満退職の仕方

円満退職は、会社に不利益を与えず辞めることでもあります。

仕事を辞めたいという意向は、すぐ上の上司に伝えます。

飛ばしてもっと上の人に言っては、上司に迷惑がかかります。

すぐ上の上司にまず真っ先に退職の希望を述べることが波風を立てないポイントです。

その人が退職をすんなり認めなかった時などはもう1つ上の人に行きます。

退職の期日やそれまでに終わらせておきたいことなど、踏み込んだ話をするのは会社に退職が認められてからです。

円満退職には、退職前にしておくべき引き継ぎや関係者への礼を漏らさず済ませることが重要です。

まず初めは、いかにスムーズに上司に退職の意向を伝え受け入れてもらえるかです。

少し時間をくださいと上司にアポイントを取り付け、周囲に人がいない環境で退職したいことを言います。

退職理由を尋ねられたら、人間関係や待遇などで不満がある場合でも、不満を理由にすべきではありません。

もしかしたら、退職しないで欲しいと止められることもあります。

ですが、次の勤め口が決まっているという時は初志を貫徹しましょう。

円満に退職できず会社とトラブルが起きたために損害賠償を取られた例もありますので、できるだけ円満退職をしましょう。

例えば、1カ月以内に仕事を辞めたいという意向と、会社側の1カ月後の納品まで待って欲しいという意向がぶつかった例があります。

その時は、会社の要求を全く聞かず、自分の希望を優先して退職をしたのですが、結局会社は納品が間に合わず損害が出てしまいました。

この時、会社は退職した元社員に損害賠償を求めたそうです。

理由は無理な退職によるものです。

会社との話し合いが充分でないにもかかわらず退職をしたために、双方ともに大変な目にあってしまったわけです。

できるだけ円満退職をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事