あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

円満退職をするための注意点

円満退職するにはいくつかの注意点があります。

退職予定日の1か月前には、直属の上司に口頭で伝え、退職願を出します。

退職願が受理されたら、後任者に仕事の引き継ぎを行います。

今までお世話になった取引相手にあいさつをする時は、後任者との引き合わせも大事です。

退職通知の葉書なども前もって作成することです。

真面目に、真心を込めて会社や関係者に接することが円満退職では重要です。

退職願の書き方ひとつとっても、円満退職を左右します。

退職願を書く専用の書式や紙が用意されている場合は、それを用いてください。

用紙が決まっていない時は、たて書きの白い便せんに、万年筆かボールペンで記入することが一般的です。

退職願の書き方は決まった型があります。

封筒に書く自分の名前は宛名の下の方です。

封筒の宛名は代表者や社長名にし、「殿」をつけましょう。

もしも退職の理由がネガティブなものだとしても、退職届けの退職理由欄は一身上の理由といった穏やかな内容に留めます。

保険証や名刺などの貸与物は全てきちんと返します。

制服や作業服は返却前にクリーニングに出し、汚れやシミなどはできるだけ残さないようにするのが心配りです。

経費で購入した品物などは使いかけでも会社に残すようにしてください。

会社を退職を時には、忘れずに会社を辞めたことの証明になる離職票をもらってください。

離職票をハローワークに持っていかなければ失業手当はもらえません。

失業手当を受給するつもりがないという人は離職票はいらないことるあるようです。

また、次の年末調整や確定申告のために源泉徴収票をもらっておく必要があります。

円満退職をするために、これらのことに気を配って退職までを過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事