あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

円満退職のポイントは計画性とスケジュール

ずっと勤めていた会社を辞めるには個々の状況があるものです。

円満退職はどうすればできるでしょう。

会社側に理由があって退職する人、自分自身に退職の理由がある人、年齢的な理由で退職するということもあります。

円満退職は、このような理由とはまた別な視点での退職の分類です。

円満退職とは、自分の周囲も納得づくでどこにも問題なく仕事を辞めたという状態のことです。

「円満退職しました」と書かれた葉書を知り合いから受け取ることがあります。

日程をきちんと組んでおくこと、プランをしっかり練っておくことが円満退職のコツです。

急な退職は避けましょう。

社の就業規則を確認しなけければいけないことも、円満退社のためにはあります。

社内の人間関係や待遇に問題があったことが、退職の理由になった人も少なくはないはずです。

無計画にしかも乱暴に退職すると、意外なところでこれからの人生に悪影響を及ぼす可能性があります。

退職するならば、円満退職を心がけたいものです。

円満退職には、自分一人が満足する退職ではなく、社内の人との関係や付き合い先、家族も皆が納得するような形で退職をするように状況をもっていく必要があるといえます。

円満退職をするために重要なことは、会社に対して退職の希望を伝える場合は今日明日にでも辞めたいといった急な話は避けてください。

退職したいという希望を伝える時は、1ヶ月~3ヶ月先の話として、直接の上司に言うという形を取るとトラブルが減らせます。

円満退職のこつのひとつです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事