あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

サブプライムローン問題の日本への影響

サブプライムローン問題は、当初日本では大きい影響はないだろうとされていました。

基本的に、サブプライムローンはアメリカ国内で取り扱われていた商品です。

日本ではサブプライム層への貸し付けが積極的に行われていたとは言えず、対岸の火事のように受け止められていたようでした。

とはいえ、ことはそう単純な出来事ではないことが、時間の経過につれて徐々に明らかになってきたのです。

サブプライムローンはローンが証券化され、住宅ローン担保証券として世界に売り出されていました。

機関投資家を中心に日本でも投資が行われていたのです。

2重ともいえる仕組みから実態を把握するのに時間がかかり、リスク回避が遅れてしまった点も大きな問題となりました。

サブプライムローン問題は終焉すると思われましたが、サブプライムローン問題を背景として大手の投資銀行リーマンブラザーズが2008年9月に倒産したのです。

いかにサブプライムローン問題が深刻な事態だったかがわかろうというものです。

リーマンブラザーズが倒産したことで、世界の同時株安状態が発生し、リーマンショックと呼ばれる世界的な不況が起きたというわけです。

世界的な金融危機によって、ヨーロッパやアメリカよりは少ない被害で済むと言われていた日本でも製造業の不振などによって甚大な打撃を受けるようになりました。

日本製品が売れなくなったことから、現在に続く景気の悪化に繋がっているというわけです。

サブプライムローンの影響が様々な形で現れたために、日本の大規模な不景気が起きてしまったというわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事