あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシングと法改正

キャッシングと法改正について。

バブル崩壊後、景気の低迷も重なって、クレジットカードやキャッシングの利用は年々増え続けています。

ローンをはじめ、キャッシングなどの個人に対する貸し付けが身近になった分、多重債務者も増え、今や社会問題にまで発展しています。

キャッシングに関わる法律には利息制限法及び出資法以前はありましたが、グレーゾーン金利という高金利での貸し付けができました。

非合法の金貸しの存在もバックにはあります。

政府はキャッシングの取り締まりのため、これまでも色々な形で法律改正を行ってきました。

20%上限に金利が制限されたことでグレーゾーンの問題もなくなり、貸金業規制法も改正されました。

法律に違反した人へのペナルティも強くなったことで、非合法業者への取り締まりも強くなりました。

キャッシングの金利上限はこれまで出資法の29.2%でしたが、改正された法律によりずっと低金利になりました。

キャッシングがしやすくなったかといえば、実はそうとも言い切れません。

貸しすぎ防止の法律が入ったために、融資が受けにくくなったのです。

新たな融資を受ける際には法律による総借入金額の制限が入るため、これまでは借りることが出来た分ができなくなったのです。

今までは簡単な審査で気軽にキャッシングでできたのに、改正後は審査がより厳しくなり借りられる金額にも上限があるので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事