あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

キャッシング利用の見直しと法律改正

キャッシングを申し込んだ人の年収の3分の1を越える金額を融資の上限額に設定しないようにという法律が、2010年6月から適用されています。

融資金の規制は、貸金業法の改正があったことで、その内容を受けて段階的に施行されてきたものとなります。

多重債務者の増加に歯止めをかけるため、法律面での規制がかかったというものです。

法律により、現在使用しているクレジットカードのキャッシングやカードローン専用カードなどが使用できなくなるケースも考えられます。

利用可能額の範囲内であれば何回でも利用できるなどの利便性がありました。

キャッシング融資を一社からではなく複数使っているという方も多かったようです。

借り入れ金額の合計が利用者の年収の3分の1を超えていた場合は法律で新たな借り入れが出来なくなりました。

キャッシングやカードローンの総計がこの金額を超えないようにとなっています。

法律によって多重債務から一気に債務整理、自己破産へ至るケースが懸念されています。

法律事務者や弁護士への金銭的な相談も増加傾向にあります。

返済計画に行き詰まった人や、多重債務状態からの脱却を目指したいという人は、法律家や地方機関による相談窓口や電話相談などが役立ちます。

1人で困っているより、法律のプロに尋ねた方が打開策が見つけやすいこともあります。

キャッシングの使いすぎで追い込まれている人は、まずは人に話してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事