あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

思春期のにきびケア

にきびは、年齢に合わせたケアをしましょう。

中学生や高校生にできるにきびは、ホルモンの関係により皮脂の分泌が過剰になることが原因なので、ケアではその点に対処します。

肌の清潔さをキープすることが、にきび予防では重要ポイントです。

夏場は汗をかきやすいので、汗をかいたら顔や手を洗ったりして、雑菌が繁殖しにくい環境を作る事が大切です。

様々な洗顔料が販売されいますが、肌の状態と相談しながら、弱酸性で肌の負担が少ない商品が向いています。

にきびがある時の皮膚は普段より敏感になってしまうので、洗顔料への刺激がマイルドなものが向いています。

洗顔のポイントは、泡を使ってくるみこむように汚れを浮かせることです。

顔にこびりついた汚れを落とすためとはいえ、にきびのできた皮膚をきつくこすっては肌への悪影響が出てにきびを悪化させてしまいます。

にきびを押したり擦ったりしないように泡で汚れを浮かせて洗い流し、柔らかいタオルでポンポンと押さえるように水を吸わせます。

にきびケア用のクリームを使う時は、肌タイプに合うものを探してください。

色々な肌タイプ用のにきびケアクリームが販売されています。

にきびケアのクリームが肌質に合わないと、肌の状態が悪くなる恐れもあるといいます。

にきびのケアに必要なことは洗顔やスキンケアだけではなく、質のいい睡眠や食事、適度な運動などです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事