あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

にきびケア

にきびができたらケアが必要です。

にきびのでき方は千差万別です。

10代くらいから増えはじめ、たまにできる程度という人もいれば常ににきびだらけという方もいます。

にきびのケア方法が自分の肌に合わずに悪化してしまったという事など、皆さんも一度ぐらいはあるのではないでしょうか。

にきびのケアは肌の状態や個人差でも違いが出ますので、大勢の人が成功していたから自分でも大丈夫という簡単な話ではありません。

肌ににきびが出る理由も一様ではありません。

中高生に多い思春期にきびは、肌の過剰な脂質分泌のために雑菌が増えて起きる肌の炎症です。

ホルモンの分泌が10代に入ると活性化することが、思春期にきびの増加に関わっています。

20代以降のにきびは大人にきびと呼ばれ、原因は乾燥や水分不足などそれぞれです。

年を取って肌の状態が変わることも、大人になってからのにきびに関係しています。

にきびのケアをする時には、アクネ菌について理解しておくようにしましょう。

アクネ菌とは毛穴の中に潜んでいる菌で、にきびの原因の一つです。

アクネ菌は皮膚の脂の分泌が活発になると増殖して炎症を起こし、赤いにきびが出来ます。

赤にきびは時間が経つと白い膿になります。

膿を無理に出したり炎症を起こした皮膚を下手にいじると、にきび跡とされる痕跡ができる場合があります。

適切なにきびケアをするためには、なるべく刺激をしないよう処理した上で、にきびの原因を突き止めて断つことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事