あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

しわやたるみが出来る理由

どんな人でも、年を取ればしわやたるみとは無縁ではいられません。

加齢による肌の変化は、どんな人でも出てくるものであるともいえるでしょう。

肌にはターンオーバーと呼ばれる、古い皮膚は体から取れ新しく作られるというサイクルがあります。

正しくターンオーバーが起きているうちは、角質層が定期的に剥離し、いつも新しい皮膚が表面に出ていますのでたるみやしわにはなりません。

ですが、ターンオーバーは加齢によって徐々に鈍化していき、古い皮膚が肌にずっとついているようになります。

古くなった皮膚が肌に留まり、新しい皮膚がなかなか作られなくなるとしわやたるみが増加します。

また、加齢はコラーゲンの生成力も弱くします。

若い頃は盛んに作られていたコラーゲンが減ると、肌は乾燥して弾力がなくなり、重力の影響もあって下方に引かれやすくたるみの元になりますし、しわが戻りにくくなります。

これらは年齢を重ねることで必ず起きることですので、しょうがないことともいえるでしょう。

ただし、年齢による影響だけでなく、食生活の偏りやストレスの蓄積などもたるみやしわの元となります。

日焼けも肌には大敵です。

若いことは平気でも、年をとってからしみなどになって現れてきます。

老化によってできたしわやたるみは基本的にはもう元には戻りません。

できるだけしわやたるみなどの肌の老化を遅らせるように、できる限りのケアをしていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事