あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

就職活動時の面接試験の対策方法

就職試験の面接では、なんとか自分をうまくアピールし人事担当者に気に入ってもらいたいものです。

ただし、採用担当者も数多くの応募者を見ています。

こちらが答えにくいような質問を投げかけてくる人も少なくありません。

面接対策をしていたつもりでも、まだまだ足りなかったということもあるようです。

心構えも満足にできていない段階で大きな面接を受けることになる新卒者もいます。

緊張で頭が真っ白になってしまったという人もいます。

面接の対策法を書いた本は毎年出版されており、順調に販売実績を伸ばしていると言われています。

学生を中心に活用されているのがインターネットでの試験対策や情報収集です。

就職者向けのサイトでは、試験の経験者が面接の内容や具体的な対策法を口コミなどで書き込んでいます。

面接対策には欠かせないような重要情報が掲載されていることもあり、就職活動とはいかに有用な情報を得るかとい様相を呈しています。

ただし、面接試験の場にいる担当者も百戦錬磨の強者です。

時には人事コンサルタント会社のプロを雇い、面接の場にいてもらって試験管になってもらうということもあるようです。

口コミ情報や本に書かれていることは把握した上で、マニュアル通りの行動では対応できないような面接を仕掛けてくることもあります。

面接とは過度に自分を誇張したり、面接官を騙すための場所ではなく、自分をストレートにアピールする場です。

面接試験の場では、下手な演技をするより自分の本当の在り方を見てもらうことが対策となりえるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事