あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

就職の面接で質問されること

面接をいかにくぐり抜けるかが就職では欠かせません。

どのような人物かを判断するために、会社の方も応募者と直接会う面接の場には力を入れています。

筆記試験と異なり、面接ではこれが正解だというものはありません。

会社が必要としている人物と応募者とのマッチングがなされるかどうかが重要になります。

会社によって面接のスタイルは異なり、質問内容も違いますが、大まかには似通った傾向があります。

自身を会社にアピールする場として自己紹介の時間は最大限に使いましょう。

2分以内とか簡単にといわれることが多いので、前もってある程度言いたいことを準備しうまくまとめておくことも大切です。

面接でよく聞かれる質問として、どうしてこの会社を希望したのかというものがあります。

似たような会社が他にもあるのに選んだ理由は何なのか、はっきり説明するようにたずねられるケースもあります。

転職活動を行っている人に対しては、これまでの会社を退職する理由やその会社での実績を聞いてきます。

リストラや自己都合で退職した人は、理由を含めていかに前向きに思わせるかが面接ではとても重要になります。

面接で周囲の人より有利な立場にいなければ、一緒に採用試験を受けた人に採用を取られてしまいます。

できるだけありのままの自分をアピールできるように面接試験に臨むことが就職を成功させるには大切なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事