あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

少ない求人や就職難の理由

求人が少なく就職が困難な状況が続いていますが、果たして不況だけが理由でしょうか。

原因の1つに雇用スタイルの変化があります。

終身雇用制度の元で定年まで勤めるという勤務スタイルは、古いやり方になってしまっているようです。

派遣で働くという形が増えたことで、相対的に正規雇用が少なくなっています。

派遣社員を工場労働者として勤務させるようなスタイルは、以前は不可能でした。

正社員の雇用数が減少したのは、派遣社員に関する条件が緩和されたことにより多くの企業が派遣社員を雇用したことが関わっています。

海外に工場を造り製造コストを減らす会社が増えたことも、求人の減少に関わっています。

少しでも安価の商品を作るために、企業は海外に工場を移転し、安い労働力で仕事ができる仕組みを作っています。

コンピュータの導入により、仕事が効率化されたことも求人を少なくしている一因です。

仕事の機械化は、人間自体の必要性をどんどんなくしています。

とはいえ、人口ピラミッドの中で最も多くを占めていた団塊の世代が次々と退職していく中、新たな求人が生まれているのは確かです。

未知の分野を開拓することで需要を掘り起こそうとする会社も少なくなく、少数といえどこれまでとは違う求人も増えています。

とはいえ、求人を出し常に人を探している業種と、多くの人が就職を募集する業種とは違うことも多いようです。

この求人難の時代を打破するには、過去や先入観にとらわれない就職活動も求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事