あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

にきび肌の洗顔方法

にきびが気になる肌の顔の洗い方はどうすべきでしょう。

きちんとした肌のお手入れをすることが、にきび肌の対策効果が期待できるといいます。

適切な顔の洗い方を実践することは、にきび予防にも欠かせません。

毛穴に詰まった皮脂汚れは、丁寧な洗顔で洗い流すことが可能です。

正しい顔の洗い方を覚えて、顔の肌をより良い状態を保つようにします。

にきびが増えやすい人は脂性肌で皮脂が盛んに分泌されており、常に顔を洗っていることもあります。

ただし、顔の洗い過ぎは水分蒸発を防いでいた顔の必要な油分までを取り去って乾燥肌の原因となります。

肌に必要な油脂が失われると肌が乾燥し、外部からの刺激に弱くなってにきびが悪化する恐れがあります。

洗顔は朝晩だけに留めましょう。

洗顔の仕方はにきび肌に限らず、常によく泡立ててから顔に乗せしっかりとすすぐことが大前提です。

にきび肌の場合は、すすぎが中途半端で肌に石けん成分が残った場合、その部分から肌を傷めることがありますので気をつけてください。

水の温度は、ややぬるめの湯を使って顔を洗うようにしてください。

すすぎは流水で、常にきれいな水が肌に触れるように心がけながら洗うことで、にきびを雑菌から守ることができます。

この頃はにきび肌のための洗顔料も販売されています。

日頃からにきびケアを心がけることで予防にもなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事