あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

にきびのできやすい肌

にきびのできやすい肌には特徴があります。

思春期になると、にきびが多くなるといいます。

青年期ならではのものと見なされることもありますが、にきびが増えるのは心地のいいことではありません。

この年頃になるとホルモンの分泌量が変わるため、にきびが増えるといいます。

にきびのできやすさは肌タイプによりますし、お手入れの関係でにきびが多くなってしまうこともあります。

にきびは予防して増えないようにすることが重要です。

にきびができた場合でも手入れをきちんとしていれば自然治癒します。

肌の炎症や化膿が起きにくくし、にきび痕が残らないようにするには、お肌のコンディションを整えてにきびができにくくすることです。

脂質の分泌が活発な人は、にきびができやすいといいます。

分泌された脂質が毛穴に詰まりやすいためです。

思春期の頃はホルモンのバランスが崩れやすくなることに加えて、新陳代謝も活発になります。

肌の油分も普段よりずっと多くなります。

ちなみに大人になっても出るにきびはストレスや食生活のアンバランスも一因になっています。

もともとにきびができやすい人は常に正しいスキンケアを心がけることで、ずいぶんと肌の状態も良くなってきます。

最近ではにきび肌専用の洗顔料やスキンケア商品も数多く発売されているので活用するのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事