あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

クレジットカードのポイントと年会費

ポイント制度がどのような仕組みになっているか、年会費はいくらなのかをクレジットカードで重視する人は多いようです。

傾向として、クレジットカードの維持費はかかってポイント還元率がいいカードと、維持費は発生しないければポイント還元率がいいとはいえないカードとがあるようです。

どのクレジットカードにするか決める際には、クレジットカードをどれだけ利用するかも重視しましょう。

クレジットカードのポイントサービスの有効利用には、ある程度カードを使っている必要があります。

クレジットカードを用いての支払いをすることを考慮に入れなければ、ポイントの率がいいクレジットカードを選ぶ意味がありません。

クレジットカードの中には、年間の使用頻度がごく少なく、金額もごく低いというものもあります。

年会費がかからないクレジットカードを、万が一に使う時に備えて持っているという程度で良いかも知れません。

ポイントの活用を考えるなら、クレジットカードの利用金額と還元率との関係性を知る必要があります。

クレジットカードを日用品や食料品の購入などにも用いて、こまめにポイントを貯めていきたいという人もいます。

ポイントを小刻みに貯め込むことを想定するなら、ポイントのつく最小単位が少額である方が効果がムダが出にくいといえます。

普段はクレジットカードは使わないものの、装飾品や衣類、電化製品などの高額商品の購入に使うつもりなら、1,000円単位でのポイントでも不便はしません。

クレジットカードのポイントは、そのクレジットカードで毎月いくらくらいの買い物をするかなどという側面と合わせて考えると使いやすいものが見つかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事