あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

ヒアルロン酸とコラーゲン

美容成分として知名度の高いコラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛や乾燥肌にいいとされています。

ヒアルロン酸とコラーゲンの成分や働きについてご説明しましょう。

ヒアルロン酸は、体じゅうに存在している成分で、目や皮膚、関節に多く含まれています。

非常に柔らかく、保水力が強いのが特徴です。

関節にいるヒアルロン酸は潤滑油として機能していますし、皮膚のみずみずしさを維持します。

生まれた直後が最もヒアルロン酸が多く、成長するにつれて減少していきます。

ヒアルロン酸が減っていくと、本来ならあるべき水分も減ってしまう為肌が乾燥してシミや、しわの原因になります。

生命現象に密接な関わりがあるたんぱく質は、そのうち3割がコラーゲンです。

コラーゲンがたくさん含まれるのは軟骨や骨、靱帯です。

体を構成する数多くの細胞はコラーゲンによってつながっています。

強靱で弾力があり、器官と器官の間、細胞と細胞の間、細胞と器官の間などにあります。

ヒアルロン酸と同じように、コラーゲンも歳月の経過によって少しずつ減ってしまいます。

コラーゲンは年と共に機能が衰え、分解も容易ではなくなってしまうという欠点もあります。

コラーゲンの代謝は古いコラーゲンがうまく分解されないと機能しないため、古いコラーゲンが残ると肌は張りやキメが失われます。

ヒアルロン酸とコラーゲンと言うのは、肌や関節、靭帯などにとても重要な成分なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事