あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

銀行系キャッシングとは

消費者金融系や銀行系、信販系などに分類されるのが、キャッシング会社です。

消費者金融会社ではなく銀行が主体となって運営しているもの、銀行と同じグループや子会社が行っているものを銀行系といいます。

スルガ銀行や三井住友銀行は、銀行自体がキャッシングを扱っているようです。

銀行と同じグループがキャッシングサービスを取り扱っているのが、三菱東京UFJ銀行のDCキャッシュワンというものです。

基本的に企業にお金を貸してその利息で運営しているのが銀行というわけですが、最近は個人融資も行うようになったのです。

最近は企業が、景気が悪く設備投資を控えていることが多いため、銀行からの借り入れをあまりしなくなっているといえます。

逆に、不況や消費者金融のイメージは改善しているといえるでしょう。

お金を手軽に借りることができるキャッシングを利用する人が多くなってきています。

銀行がキャッシング業界に参入してきたのも理解できます。

本質的には銀行系キャッシングは、消費者金融系のキャッシングとなんら変わりはありません。

銀行は金利が、豊富な資金を持っているので低く設定されており、利用限度額を高く設定できるようです。

最近の銀行キャッシングは、消費者金融のノウハウを利用しているため、審査にかかるスピードもだいぶ速くなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事