あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

担保ローンとは

ローンに担保が求められる場合があります。

担保とは、ローンを組んで金銭を借りたにもかかわらず、返すことができなくなった時のためのものです。

債権者が弁済の確保などあらかじめ確保の為に、債務者に提供させる対象が担保になります。

万が一の事態に備えて、返済ができなくなった時に担保を押さえられるようにしています。

人的な担保と物的な担保があり、人的な担保とは債務者からの返済が難しい場合に、違う人がお金を返すというものです。

不動産を担保にするものが物的担保となり、借りた側がお金が返せない状態になった時は、返済金の変わりに貸した側に担保として入れてあった不動産の所有権が移ります。

敷地や住宅を担保に設定することによって、住宅を建てるためのローンを組むというケースも多いようです。

ローンによって担保の内容は色々ですが、住宅ローンの場合は物的担保が主流です。

ローンの借入金額が一定金額以上にいかなかった理由が、担保として用意した土地の価値が低く見積もられたためということもあります。

いずれの場合でもいえることですが、ローンを利用する場合は、完済まで無理なく計画的に進められるような準備を整えましょう。

ローン返済がうまくいかなくなると、時には日々の生活が根底から覆させるような事態が起きてしまうこともあります。

返済の見通しをきちんと立ててから、担保ローンを組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事