あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

保湿成分と化粧品

種類が実にさまざまなのが、保湿成分配合の化粧品だそうです。

最近の保湿化粧品の成分で中でも注目されているのが、セラミド成分だといいます。

肌の表皮細胞の間を埋める細胞間脂質のことを、セラミドといいます。

保湿力のある肌には、セラミドが多いほどなるそうです。

比較的肌に吸収されやすいセラミドは、もともと肌にある成分だそうです。

何度も使うことで可能となるのが、乾燥した肌にうるおいを持たせることです。

年々加齢とともにセラミドは減少するものなので、補う効果も得られます。

保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンも他に、よく化粧品に使われている美肌成分の一種です。

セラミドと比べ、ヒアルロン酸やコラーゲン成分の方が値段は安めです。

主に保湿化粧品の中でも高価な美容液に使われていることがよくあるのが、セラミドの価格的な特徴です。

化粧水に配合されていることが多いのが、ヒアルロン酸です。

尿素やビタミン類が配合されているものも、医薬品に近いものでは高い保湿効果があるといいます。

尿素系の保湿剤は化粧品と言うよりもハンドクリームやボディクリームなどに使われることが多いようです。

顔に使う化粧品ではあまり一般的ではないようです。

より一層保湿効果を高めることもできるので、肌の弱い人が自分で化粧水を作る場合はグリセリンに尿素を配合するケースもあるといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事