あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

標準体重と肥満

現在肥満体型なのか痩せすぎなのかは、標準体重からの比較でわかります。

体重(単位㎏)を身長×身長(単位m)で割った数字をBMIといい、世界で広く使われている標準体重の計算方式です。

BMIが18.5より少なければ標準体重以下という状態になります。

BMIでは、標準体重は18.5~25.0にあてはまる数値を示します。

BMIが25~30は肥満度1となり、以後は5刻みに肥満度2、3、4となります。

肥満度40以上は全て肥満度4と判断されています。

体脂肪率の量にかかわらず、BMIは定められるという特性があります。

そのため、肥満体型でない人を肥満と判断したり、その逆も起こり得るでしょう。

一見太って見える人でも筋肉であった場合、一概に肥満とは言えず、減量の必要はないと考えるのが一般的な見解。

標準体重から自分の体重はどのくらいずれているかを把握することも重要です。

合わせて体脂肪率を測定し、過剰な脂肪がつきすぎていないのかチェックすることが実際の健康維持にもつながります。

筋肉はもともと脂肪より重いので、ダイエットで痩せたのではなく、単に運動不足なため、筋肉が脂肪に変わっただけというケースもよくあります。

体脂肪率については、特に女性は標準体重でも高くなってしまっている場合があるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事