あなたの知りたいことはここにある?

menu

知りたいこと探そう

いろいろな標準体重

標準体重とは、体重を確認する時にどのくらいの数字が健康的に望ましいか知るものです。

計算式はいくつかあり、世界ではBMI法という計算が主に利用されています。

ローレル指数という方法で標準体重を出す方法もあります。

ローレル指数は、 体重(kg)÷身長(cm)の3乗 × 10の7乗)が 130 となる体重を逆算します。

小学生の身長や体重を判断する時に、標準体重としてローレル指数を用いるという事例があります。

ローレル指数を男女別に年齢的変化を比較すると、男女ともほぼ同じ値で幼少期から減少していきます。

女子のローレル指数は小学校期は男子と同じでも、中学からは増加傾向にあります。

知名度が高い標準体重の計算式としては、これらの他にブローカ式佳変法という手法が存在します。

ブローカ式佳変法は簡易標準体重計算法という名前でも知られており、日本でも活用されています。

㎝単位で表示した身長から100をマイナスし、0.9を掛けるだけです。

一層手軽な計算方法もあります。

男性の身長-110、女性は身長-105~110をすることで標準体重を出せるため、瞬時計算ができるという方法です。

ただし、身長がさほど高くない人の標準体重としては合わないことがあるようです。

加藤法という、標準体重は身長から50をマイナスしてから半分にする考え方や、身長から100を引いた数をそのまま標準体重にする方法などが知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事